カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

洗剤と柔軟剤は必須

洗濯物置き場

柔軟剤は、服の臭いを防ぐだけではなく洗濯物の手触りを非常に柔らかくすることが出来ます。
洗剤と併用する事によって良い香りと柔らかい仕上がりを楽しむ事が出来るために多くの人から注目を受けています。
また、柔軟剤は洗剤と比べ安価で販売しているために気軽に購入することが出来ます。
しかし、洗剤と非常に似ているために柔軟剤では洗濯することが出来ません。
その為に、購入する際にはよく見て購入しなければなりません。
こういった事から部屋干しを行った洗濯物の仕上がりを良くするためには、洗剤と柔軟剤は必須です。

部屋干しの影響

色とりどりの洗濯バサミ

梅雨の季節がある日本では部屋干ししなければならない時期があります。
そして部屋干し特有の生乾きの臭いも消臭して、更にいい香りをさせる洗剤や柔軟剤が発売になっていて、そのような時期でも部屋干しができることを積極的にアピールしています。
そのような洗剤や柔軟剤を使用して選択しても臭いが嫌な臭いではないだけで、しっかりと乾燥させる必要があります。
そのため部屋干しの際には室内除湿機を動かしている家庭も多いです。
改良された洗剤や柔軟剤のおかげで積極的な部屋干しがおこなわれているものの、室内の湿度が高くなります。
その湿度をそのような機器で除湿すると同時に、部屋のことも考える必要があります。
湿度が高い状態を長く続けていると室内にカビを発生させる可能性が高まります。

部屋干しの際は湿度に気をつける

洗濯物のカゴ

時期的に室外も雨で湿度が高い状況を考えると、建物の外部、内部がカビに浸食されて建物自体にダメージを受ける可能性もあります。
そのため室内については除湿機で湿度を下げることができるので部屋干しするのと並行して稼働させ続ける必要があります。
まめに除湿した水は排水して、常時除湿状態を継続することが室内のカビ発生を抑えることになります。
そのような状態で困っている人は多いと考えられます。
クローゼットの内部に置いておく除湿剤がありますが、梅雨の時期に特に多くの除湿剤を置いてクローゼット内部の除湿もおこない、服がカビないようにも注意することが必要です。
梅雨の時期の室内の湿度を抑える技術が、部屋干しをすることをより積極的に後押しして、洗剤や柔軟剤の効果を感じることができます。

アーカイブ
カテゴリー